盗難された自分の車で事故を起こされてしまった場合の賠償はどうなる?

車の盗難事件というのは減るのではなく増える一方になっています。万が一にでも自分の車を盗まれてしまうことがないようにしっかりと管理するのはもちろんのことですが、それでも万が一車を盗まれてしまった場合には即座に盗難届けを出す必要があります。

また、銀行やコンビニなどちょっとした時間だけであれば鍵をかけなくても良いだろうと安易な考えでエンジンをかけたまま車を放置してしまうという人もいるのですが、このような状況で車の盗難被害に遭ってしまうこともあるので気をつけなくてはなりません。

短時間であってもエンジンを切り鍵をしっかりと閉めてから車から離れるという習慣をつけておくようにしましょう。

盗難車での交通事故は責任は原則運転者にあるが所有者に責任が発生する場合もある

自分の車が万が一騙されてしまいその車で事故を起こされてしまうようなことがあれば大変です。

このように自分の車が盗難被害に遭ってしまい、その後に事故を起こされてしまった際には、自分に責任問題は問われてしまうのではないかと誰しもが不安になるものですが、状況によって、基本的には車を盗難した本人もしくは盗難車を運転していた人が責任問題を問われることになります。

そのため車の所有者としては責任問題を捉えてしまうことはほとんどありませんが、車を置いている状況によっては車の持ち主にも責任が問われることがあります。

それがどのような状況かというと、上記したようにエンジンをかけたまま車から離れてしまった場合や、車を盗まれてからすぐの段階で事故を起こされていた場合などにはやはり車の保有者の管理状況が悪かったということで、ある程度の責任を課せられてしまうケースがありますので注意してください。

何気なく放置した車で事故を起こされると大きな損害を被る

自分では何気なく車を離れたもりであっても盗まれてしまったこと、そして盗まれた車で事故を起こされてしまったことにより大きな損害をこうむってしまうこともあります。

車の盗難被害に遭ってからすぐに盗難届けを出し、その後何日か経過した後で事故を起こされたといった場合であればもちろん車を運転していた者、そして車を盗難した者が責任問題を問われるのですが、前述の通りすぐにでも車を盗めるような状況に車を置いてありさらには盗まれた直後に事故を起こしているなどといった場合には、盗めるような状況で車を放置したという保有者にも責任が課せられてしまうケースがあるようです。

このようなことを防いでいくためにも自分の車をしっかり守り車から離れる時にはどんなに短時間であっても必ずロックをかけるように心がけましょう。

また、どのような状況であっても、万が一車の盗難被害に遭ってしまった場合には、すぐさま盗難被害を出すようにしてください。

交通事故の示談交渉は開始のタイミングが大事

交通事故の示談で気をつけないことの一つは、交渉を開始するタイミングです。つまり無計画に開始するのではなく、タイミングを見はからって行うことが必要です。

その時期ですが、傷害の場合は被害者のケガが治って治療が終わったとき、あるいは症状が固定して、これ以上回復が望めず、後遺障害の有無や等級が判明した時点で交渉に入るのがいいのではないでしょうか。

とは言え、諸々の事情で、まだ完全に症状が固定しておらず、ケガが治りきっていない場合でも示談の交渉を始めざるを得ないこともあります。

なぜなら示談交渉の開始については被害者側から申し出ることは少なく、加害者側の保険会社から損害賠償額の提示があったときに開始されることが多いからです。

このように、やむを得ず開始に応じる場合にはその時点までの費用だけでなく、その後も引き続き必要と考えられる治療費などを含め、少し多めに請求することが必要です。

交通事故の被害者側は無防備で示談交渉に臨んではいけない

被害者が示談交渉に臨むには、準備や心構えが大事です。何しろ相手は百戦錬磨の保険会社の担当者です。

そんな相手に無防備で臨んだりすると、相手のいいようにあしらわれてしまい、低い賠償金で解決しなければならない破目になってしまいます。そんなことになってしまったら大変です。

それを避けるためには、交渉開始までに交通事故の損害賠償について知識をつけておくことは必要です。

なるべく多くの知識をつけて、自信を持って相手に立ち向かうことが大事なのです。知識をつけるには、インターネットを使ってもいいでしょうし、図書館に行って交通事故損害賠償についての本を読みあさるのもいいでしょう。

もしも被害が甚大で怪我もしているのであれば、最初の内から弁護士に依頼するのも考えた方が良いでしょう。(京都の交通事故に強い弁護士に相談

とにかく「備えあれば憂いなし」ですから、示談交渉を実り多いものにしたいのなら、できるだけ多くの知識をつけて、相手にぶつかることが大事であることを忘れてはいけません。